腰痛について~慢性的に腰が痛い方~

日常的に腰痛でお辛い思いをされている方も多いと思います。

一般的に多くの腰痛は原因がはっきりしないものが多いとされています。 

当院では筋肉の緊張や骨や姿勢のズレから痛みが発生し、これを改善することで痛みや不調が減っていくと考えています。

痛みがあったり辛さを感じる部分が硬くなったり、張っていたりしませんか?

まずは一般的な腰痛の定義について見ていきましょう↓↓↓

当院で実際に施術を受けた方の感想やインタビュー動画はこちら→「施術を受けた方の感想動画はこちら(クリックするとページが開きます)」

予約する

腰痛とは

腰痛には一般的に急に痛くなるものと、何らかの原因で出た痛みが慢性的に続くものとがあります。

日本整形外科「腰痛診療ガイドライン(2019年)」では腰痛は「症状(しょうじょう)」としており

「疾患
(しっかん)」ではないとしています。

似た言葉でややこしいですよね・・・

原因が不明とされているものも多くみられます。

腰痛は「症状(しょうじょう)」とされ、ざっくり言えば原因や治療方法などがあまり分かっていないということです。

 

「疾患(しっかん)」は原因や治療方法がかなり分かっていることを指すとしています。

「症状(しょうじょう)」と「疾患(しっかん)」の違いをわかりやすく明確に記載している大きな医療機関は発見できませんでした。

 

腰痛以外も含めて多くの医療関係のウェブサイトには原因や治療方法があまり判明していないとする「症状」という言葉が多く使わています。

「症状」は原因や対処方法があまり分かっていないという意味ですから、ほとんど有効な治療もないということになってしまいますね・・・

人工関節手術などは、悪くなった部分をすべて取り替えてしまえば良いという発想ですね。

良くなったとの感想も聞きますが、少し長い目で見ると多くは手術後の体調があまり良くないと耳にすることが多い印象です。

手術や投薬で良くなる方もいると思いますので、どの方法を選ぶかは人それぞれです。

しかし、生まれ持った身体を傷付けずに改善していく方法があるなら、試してみてからでも遅くはないのではないでしょうか?

 

参考サイト→「疾患」と「疾病」の違いとは?分かりやすく解釈 | 言葉の違いが分かる読み物 (meaning-difference.com)

 

急性腰痛

ひどく痛むものはギックリ腰などと呼ばれることもあります。

母などは何度かギックリ腰になっているので、私が整体の仕事を始めてからは危険を感じると施術の依頼をしてくれます。

急性の腰痛は他にも腰の椎間板が損傷したり、腰部間関節症などがあることが原因となることもあるとされています。

重いものをもったり、腰に負担がかかるような動作によって突然痛みがはしり場合によっては動けないほどのギックリ腰になるとされています。

 

「参考サイト→腰痛症|慶應義塾大学病院 KOMPAS (keio.ac.jp)

 

慢性腰痛

慢性腰痛は「腰部椎間板ヘルニア」、「脊柱管狭窄症」など何らかの原因によって生じる場合や、それらの症状が治った場合も日常的に痛みがあるような場合です。


また、腰は膝や股関節の動きも密接にかかわっていることから慢性腰痛とともに「変形性股関節症」や「変形性膝関節症」なども同時に見られる場合もあります。

仕事などの人間関係など、精神的ストレスなどからも発生するとされています。

様々な要因から起こるとされ明確な原因は良く分かっていないようです。

 

当院でできること

当院では多くの場合、筋肉の硬直や骨、姿勢のズレから来る場合が多いと考えています。

痛みがあったり辛さを感じる部分が硬くなったり、張っていたりしませんか?

ギックリ腰などの急性腰痛に関しては、心配な方はまず医療機関に行かれることと2~3日して痛みがある程度ひいてからご来院ください。

急性期にもどうしてもの要望があれば施術致しますが、無理なく患部周辺以外を施術する形になります。

慢性腰痛に関しては施術で改善していけることが多くありますのでお役に立てると思います。

当院では歩いたりなどの日常動作を越える力や動きで施術は行いませんので、お身体に負担はほとんど掛けずに施術していきます。

しかし、体内が傷ついている場合、施術の刺激によって悪化する可能性が0とは言えません。

そのため、安静にしていても痛みが我慢できないほど激しい急性腰痛や、静脈瘤などの血管の病をお持ちの方はまず病院へ行かれることをおすすめします。

多くの腰痛は、慢性腰痛として残ってしまう割合が高く時間経過とともに痛みが起こるような動きや筋肉の緊張がクセ付いて来てしまいます。

早めに来院されるほど短期間で改善していく方が多い傾向です。

これはあくまでも私が施術を行ってきた中での印象ですが、腰痛がひどくなり金属パーツによる腰や股関節、膝などを固定したり人工関節手術を受ける方も多くみられます。

共通して離されるのは
「その時は良いんだけど、その後はあまり調子が良くない。」と話されている方が多いです。(9割ほどの方ででしょうか・・・)

もちろん手術で良くなる場合もあると思います。

しかし当院としては、まず身体を傷付けない方法を試してから手術を検討していただくことをおすすめします。

痛みや不調が改善した方は、旅行や運動などそれぞれの趣味を通じて充実した日々を過ごされています。

ぜひ一度、当院の施術をお試しください。

予約する

当院で実際に施術を受けた方の感想やインタビュー動画はこちら→「施術を受けた方の感想動画はこちら(クリックするとページが開きます)」